借入の上手なやりくりの仕方 脱ギャンブル・浪費癖!

ギャンブル中毒者のもう一つの顔が借入中毒者としてのモノです。
一般の人には理解されませんけど、ギャンブルは治療不可能な病気であるということ。
私たちは借り入れと上手に付き合っていくしかないのです。

▼管理人のおすすめ情報サイト
高次脳機能障害専門の弁護士 高次脳機能障害ってご存知ですか?交通事故などで脳のダメージが原因で、ぱっと見では解らないところ、深い所で生活面に影響が出てきてしまうのが高次脳機能障害の怖いところです。交通事故に遭って泣き寝入りなんてダメです。

初めての借入

ギャンブルで借金を作って初めて借り入れをする時。

まずはじめに。借金をすることとギャンブルはどちらも病気であるということを覚えておいてください。ギャンブル中毒や借金中毒というワードを聞くと、多くの人は嫌悪感を抱き「なんてどうしようもない奴だ!!」という感想を抱くでしょう。しかし、これらの中毒だけが特別に悪いというわけではありません。精神疾患を抱える人は国内にも大勢います。実際問題として、ギャンブル中毒や借金中毒はこれらの精神疾患と同じ病気です。

徐々に精神をむしばみ、これは専門家の”治療”が必要な状況まで悪化していきます。まずはじめに。私自身がギャンブルで借金を作った経緯をお話しましょう。もともと私は実はギャンブルや借金とは無縁の生活をしていました。普通に都内の2流私立大学を卒業し、某中小卸売系企業に就職して真面目に働いていました。手取りは15万円ほどしかなく、実際問題として裕福ではなかったのですが、決して貧しくもなかったという印象です。唯一の楽しみは週末に行く漫画喫茶の5時間パックくらいでしょう。千円ちょっとで5時間も大好きな漫画を読めるのですから、私の人生はまじめにコツコツと働いて、少ない給料を稼ぎ、週末を漫画喫茶ですごす。それで十分だったのかもしれません。しかし、ある出会いが私の人生を変えていきます。

借入れを行う時に気を付けてほしいこと。

まず気を付けてもらいたいのは、いい加減な気持ちで消費者金融やカードローンに申し込まないことです。最近はインターネットの進化で本当に簡単に申し込めますし、振り込みまでの時間も驚くほど短いです。 あなたが本気になれば、それこそ3時間もあればあなたの銀行口座に借入金の30万円が振り込まれることでしょう。それほどに今はキャッシングの敷居が下がっているのです。少し昔の世代の人に言わせると、キャッシングは文化として当たり前だったそうです。というのは、はっきりいってバブル期のような気質の人たちですから遊び方が派手です。新卒で入って、最初の3年くらいは消費者金融から借金があって当然だったようです。

でも、私たちが認識しなければならないのはいまは時代が違うということです。時代が違うっていうことはその理屈は成り立たないし、そもそも彼らの価値観に従うと痛い目を見るということです。具体的にどう時代が違うのかというと、当時は経済が著しく成長していましたが今はしていません。要するに、人世代前は放っておけば、それこそまじめに働いていれば勝手に収入も伸びるし、出世するし、最終的には年金がしっかり出るしで、キャッシングの利用というのはそういう手堅い未来からの借入でしかなかったのです。そう考えると、今と昔は全く違うということが分かりますよね。

消費者金融は利用すべきか否か?

はっきりいってこれはどちらでもいいです。ギャンブルや浪費などはっきりいって無駄でしかない理由での借入は当然ありますが、それに関しては断じてNOを突きつけるべきですが、世の中にはそうではないやむに已まれぬ事情というのが存在するのは誰でも解るでしょう。キャッシングの利用で意外に多いのが、ブライダルローンなどです。ブライダルローンと言えば若い二人の門出をイメージしますが、このご時世、数百万円単位のまとまったお金を持っている若人は果たしてどれくらいいるでしょうか?

こういった事情は致し方なしと判断します。ローンといっても夫婦でしっかりと計画的に借りいれを行うのであればきっと大丈夫でしょう。キャッシング中毒を引き起こすのは多くの場合、単身の時です。借金依存体質は欲望のタガが外れた時に起きやすいのですが、そういうのは決まって単身です。キャッシング中毒から抜け出すためにはまずは恋人を作るのもいいかもしれませんね。

キャッシング利用での注意

近年ではキャッシングを利用する人が増えてきています。 原因としてはネットで簡単に申し込みが出来るようになったのが大きいです。 しかしキャッシングは時にトラブルを生みだします。 主なトラブルとしては、あちこちから同時に借りてしまい返済が困難になってしまうパターンです。キャッシングもかなりメジャーになってきて、思い立ったらすぐに借りられる状況でもあります。その点はやはり注意しなければなりません。

キャッシングを利用するのであればこういったトラブルにあう可能性も少なからずあると思っていなければいけません。 なのでトラブルにあう可能性を少しでも低くするための注意点があります。 それは今の現状だけを考えない事です。 今お金が必要なのでキャッシングを利用したい、こういった短絡的な発想は危険です。 もう少ししたら収入の目安があるから、などといった場合であってもすぐに行動に移すのではなく もっと長期に渡る予定を想定して、それでも借りて返済が可能と結論が出てからキャッシングを利用した方がいいです。 衝動的に借りたりすればトラブルに繋がりやすいです。 キャッシングを利用する際に一番大事なのは返済の事をしっかり考えた上でお金を借りる事です。

ある知人の消費者金融体験談

消費者金融でお金を借りて韓国旅行へ行った先輩。ちゃんと返済すれば大丈夫だよ、とのことで私たちにも勧めてきます。確かに給料も上がらないし、いまの安月給では趣味にお金を使うこともできません。以前の消費者金融はちょっと怖いイメージがありましたが、現在ではネットからカンタンに借りることができるとの事です。まネット口座を介して返済もできるというので驚きです。申込みから審査、返済まですべてネットで可能なのです。中にはキャッシング即日対応の業者もあり非常に使い勝手が良い。

これなら店舗に足を運ぶ必要もなく、気軽に融資を受けることができます。そこで先輩の指導のもと、一度ネットから借入してみることにしました。必要な資料を送信して待っていると、すぐに審査結果が返ってきました。あっという間に自分の口座へ振り込まれた10万円を見て、その手軽さに再度驚きました。とくに目的もなく借りたお金ですが、指導してくれた先輩をショットバーに連れていき奢ることにしました。残ったお金はまだ手元にありますが、せっかくなので新しいパソコンを購入する予定です。金利が低いので分割で返してもいいしので気が楽です。もし本当にお金が必要になったときは、またお世話になることでしょう。

冠婚葬祭もローン化できるんですね

こないだ、1ヶ月のあいだに結婚式とお葬式が相次いで行われるという事態に遭遇しました。どちらの冠婚葬祭もごくごく普通に行われていましたが、「結婚式」のほうは友人間で「お金がないのにこんな派手婚しちゃってるよ」「ブライダルローンの限度ぎりぎりまで借りたんだって」と、やや冷ややかな目線で見てらっしゃる方がいました。私は会社同僚として参列したので、今後の付き合いも考えて、そのような話にはあまり首を突っ込まないようにしていました。後日、挙式が済んだ同僚から「ご祝儀がブライダルローンで借りた金額より足りなかった。先輩どうしましょう。」と相談されて、怒りを通り越し呆れて物が言えませんでした。

私たち夫婦が結婚式を挙げるときは「借金」という概念がなかったため、「ブライダルローン」をしてまで挙式をするという考えがイマイチ理解できませんでした。そんな出来事に遭遇してから数週間後、今度は友人の父親が亡くなったため、急遽実家に帰りお葬式に参列してまいりました。斎場のロビーで時間まで待っていると、パンフレット類が目に入ったので何気なく見ていたら、「お葬式ローンのご案内」といった広告が目に入りました。亡くなった故人を荘厳に見送るために是非ご利用下さいといったキャッチコピーがありましたが、先のブライダルローンのこともあったため「私だったら、残された家族に借金させてまで見送ってほしくないな」と何とも言えない複雑な感情を抱いてしまいました。

管理者リンク

Copyright © 2009ギャンブルと借金生活 All Rights Reserved.